皮膚科のトレチノイン・ハイドロキノン・クリームの効果

 久しぶりにトレチノイン・ハイドロキノン・クリームを処方してもらいました。
トレチノイン・ハイドロキノン・クリーム
 美白マニアでトレチノインを知らない人はいないでしょう。
 トレチノインは角質をはがし表皮の再生を促すことで、シミや小シワの治療するものです。市販のスキンケア用品によく含まれているレチノールの誘導体で、百倍以上の効果がある、と言われています。
 シミの治療では、アレックス(シミ取りレーザー)が適さない場合、薄くてレーザーがきき難いタイプのシミなどに良く使われます。
 トレチノインはピーリング系の強力なお薬で、使用中は皮膚のガード力が下がるので、紫外線対策は必須です。普通は漂白作用のあるハイドロキノンと組み合わせて使います。
 必ず化粧水などで水分を補給してから(トレチノイン・ハイドロキノンはかなり乾燥するので要注意)トレチノイン・ハイドロキノン・クリームを使い、しばらく時間を置いて乳液などを塗ります。
 以前にトレチノインとハイドロキノンをそれぞれ処方してもらうやり方をしたこともありますが、トレチノインの刺激が強いため加減が難しく、最近使っているトレチノイン・ハイドロキノン・クリームの方が勝手が良いです。
 今は特にシミで困っているわけではないのですが、シミ:シワ予防も兼ねて時々処方してもらっています。ちゃんとしたものは病院でしか処方してもらえないはずです。フリーザーに保存して三ヶ月くらいで使い切ります。
 塗ったからといって、見る見るシミが消える、ということはないですが、薄くはなっていきます。ただ、ホクロの細胞には効果がありません。薄いホクロとシミは結構判別が難しいですから、お医者さんに相談してみましょう。ドクターでも判断に迷うことがあります。
 大手の美容形成外科・美容皮膚科なら扱っているところが多いはずですから、気になる方は相談してみましょう。価格は1万円もしません。

白肌化粧水材料セット【送料無料】

シミは予防が一番、レーザーで取った後もメンテが大事です。手作り化粧水なら高品質・低価格が簡単。ハイドロキノン粉末も直接購入できます。
関連記事:
イソフラボン手作り化粧水 トゥヴェールのビタミンC誘導体とヒアルロン酸HR-01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする