マッサージピールを受けてみた感想

 マッサージピールを受けてみました。
 マッサージピールはTCAピーリングをソフトにしたものらしいです。TCAピーリングは真皮にまで作用するピーリングで、シワ改善などにも効果が見込めるものの、かなり派手に腫れて皮膚が一回ベロッと剥がれる感じでその後かさぶたになり、一時的な色素沈着を乗り越えてようやく完成、という、激しくダウンタイムのあるピーリング、というイメージがあります。そんな気合の入った治療はちょっと受ける気になれなかったのですが、マッサージピールはなぜか表皮にダメージを与えずに真皮を再生する?みたいなものらしく、ほんまかいな?と思いつつ、とにかくダウンタイムはないらしいので受けてみました。
 実際、ダウンタイムはありません。直後に多少腫れる人もいるらしいですが、わたしはなんともありませんでした。
 1~3,4週間に一度で5回1クールということで、とりあえず2週間に一回ペースで1クールやってみるつもりです。サーマクールやペレヴェなどのRF治療と併用することで効果が出やすく、ミルクピールなどの表皮系ピーリングとも同日にできるそうです。
 効果のほどは、一回で劇的に変わるということはありませんし、まあ、普通のピーリングと一緒で表面はツルンとしますが、引き締まったという程の実感はまだありません。でも5回受けると皮膚に硬みができるというか、ピチッとしてくるようです。やるだけやってみます。
 マッサージピールはホームケアとセットになっていて、美容液(WIQO FLUIDO LEVIGANTE)とクリーム(WIQO CREAM NUTRIENTE E IDRANTE)を購入します。
 この美容液はグリコール酸で皮膚を酸性に保つもので、塗った後に三十分以上おいてクリームを塗ります。三十分も待つのか!と面倒くさかったのですが、慣れてしまうとどうということもありません。むしろ三十分後にクリームを塗るのを忘れそうになります。
 美容液とクリームだけで大丈夫なのか、今までのスキンケアを併用しなくていいのか、と不安だったのですが、塗った感触はかなり良くて、この二つだけでもOKかな、と思っています。特にクリームの保湿力が凄い! マッサージピールを1クール終えてもこれだけ使い続ける方もいらっしゃるそうです。
 慣れてきたら一品ずつ最初に化粧水を入れてみるとかくらいはしても良いようですが、相乗効果で何が出るかわからないので慎重に、とのこと。わたし自身は当分これだけでやっていこうと思っています。
 皮膚が敏感になっているので紫外線対策は必須です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする