ルビーレーザーによるシミ取り一週間 カサブタと治療跡

ルビーレーザーによるシミ治療から一週間、ようやく軟膏(エキザルベとリンデロンの混合)とテープを貼った生活から解放されることになりました。
一週間目の診察に訪れる前から、口元などの治療跡にできた薄いカサブタ?は剥がれていたのですが、頬の大きいのはそのままでした。
診察に行って、この薄いカサブタをピンセットで剥がして貰います。
というわけで、シミ治療跡のカサブタ、剥がす前と剥がした後のビフォーアフターです。

まず、カサブタがある状態。

カサブタを剥がしてもらった後。

という訳で、一応のダウンタイム終了です。
治療跡はまだ薄皮一枚できた敏感な状態で、微妙にピンク色をしています。
ここから治る過程で、治療一ヶ月目くらいで色素沈着が出るけれど、それからニ三ヶ月かけて薄くなり完了です。
アフターケアのためにトランサミンとビタミンCを服用、THクリーム(トレチノイン、ハイドロキノン)を使うと良いのですが、まだ敏感な状態なので、カサブタを剥がしてから二週間くらいおいてTHクリームを使うと良い、とのことです。
勿論これからしばらくは紫外線厳禁です。まぁいつものことですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする