内出血を早く治す方法

 一時的にできてしまった内出血を早く治す方法を試してみました。


 Vビームレーザーのエントリで書いたように、鼻の脇の赤みにレーザーを使ったのですが、一時的とはいえかなり目立つ内出血になってしまいます。
 内出血を早く治すにはどうしたら良いのか、お医者さんに尋ねたり調べたりして、試してみました。
 まず基本は、冷やすこと。内出血も出血ですから、これ以上出血しないように、血を止めてあげる必要があります。
 Vビームレーザー(N-Vライト)直後にも冷やしたのですが、帰宅してからもアイスノンを当てて冷却してあげました。
 二三日経ってからは、逆に血行を良くしてあげます。溜まった血を流してあげるのです。
 とはいっても、内出血部分を直接強くマッサージしたりするのは、よろしくないようです。内出血の周囲の部分をマッサージしたり、優しく暖めてあげたりすると良いようです。
 こちらのページでは、「つま楊枝を20~30本くらい束ねて、先の方で痛くない、気持よい程度に患部周辺の皮膚表面を軽く叩いてく」という方法が紹介されていました。2・3分、皮膚がほんのり赤くなる程度に刺激することで、熱を逃がしたり血流を改善する効果があるそうです。
 ただ一人暮らしの我が家にはそんなに楊枝というものがなく、このことのためだけに購入するのもバカバカしいです。要は軽いマッサージ効果のあるものであれば良いわけです。
 そこでふと思いついたのが、超音波美顔器
 しばらく使っていなかったのですが、リンクルケアがメインの超音波美顔器で、手作り化粧水の浸透効果を高めたり(パックの上からやってもOK)、トリートメントの機能があります。刺激の程度といい、丁度良いのではないかと思って使ってみました。
 内出血治療のために美顔器を買う人はいないと思いますが(笑)、試してみても良いかもしれません。
 ちなみに、わたしが使っていたのはラメンテのオーロラシューティカルという美顔器です。
 もう一つ、内出血を早く治すというと必ず挙げられるのがヒルドイドローション。実は持っています。
ヒルドイドローション

 血行を良くする作用があるので、優しいマッサージと同様の効果が期待できる、ということでしょうが、ヒルドイドローションはアトピーの方などがステロイドからの離脱に使ったりする、とても優しくて弱いお薬です。血行を良くすると言っても、劇的に内出血が治るわけではありません。お医者さんに聞いても「まぁ、ないよりは」という程度のものですが、一日でも早く内出血を目立たなくしたい、という時には、何でも試したいものです。実際、わたしも使っています。
 穏やかな薬とはいえ、処方箋薬なので薬局ですぐには売ってもらえないと思います。ヒルドイドの有効成分はヘパリン類似物質という成分なのですが、市販薬では新メディナースHPクリームというのがこれを含んでいるようです。
 もう一つ、ビタミンCも大切です。スキンケアに関心のある人なら大抵サプリメントなどで補っていると思いますが、個人的にはお手ごろ価格のネイチャーメイドのファミリーサイズを愛用しています。
超音波美顔 現在の楽天売れ筋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする