サノレックスを処方される

 正月太りがなかなか戻ってくれず、2,3キロ痩せたいのでEMSでもやってみようかなぁ、と思って先生に相談したところ、サノレックスというダイエットピル(食欲抑制剤)を処方してくれました。
サノレックス

 医療の力は色々使わせて頂いていますが、ダイエットに関してはお医者さんに頼ったことはありません。信用していないからではなく、痩せるには結局食べないしかない、と思っているからです。
 脂肪吸引にしてもせいぜい300gから500g程度。痩せるというより、部分的にクビレを作るくらいが関の山です。
 それほど太っているわけでもなく、運動も好きなのですが、時々夜中に襲ってくる過食欲求だけが敵です。
 筋肉質の方なので「EMSではかえってゴツくなるんちゃう?」とのことで、サノレックスにしてみました。


 サノレックスは食欲を抑える薬。脂肪の吸収を抑制・阻害するようなものではありません。リダクティルのようなSSRIとも違います。
 昼くらいに飲むと、夜に効いて来る、とのこと。
 副作用としては、不眠、喉が渇く、便秘などがあり得るそうですが、不眠は稀。喉が渇く、というのはほとんどの人が訴えるそうです。
 「食欲を抑える」といっても程度が知れますし、食べる楽しみがなくなってしまっても悲しいなぁ、と思っていたのですが、サノレックス、なかなか良いです。
 まだ二日しか使っていませんが、本当に食欲がわきません。
 それも病気っぽいイヤな感じではなく、食べなくてもちゃんと幸せというか、渇望する感じだけないので、全然辛くも悲しくもありません。むしろ仕事に集中できて良いのではないかと思います。
 喉が渇く、というのは確かにありますが、しんどいほどのものではありません。
 長期間使うと耐性ができてしまうようなので、二週間か一ヶ月くらいだけ使ってみようかな、と思います。
 サノレックス、気に入ってしまいました。
 サノレックスはかなりの肥満の方には保険適用で出されることもあるようですが、基本的には自費。わたしは一錠500円くらいでしたが、病院によってまちまちのようです。サノレックスに興味のある方は、いくつか病院を探して、相性の良さそうなところで診察を受けてみられると良いと思います。
 個人輸入や通販もありそうですが、検索をかけてもパッとは出てこなかったので、病院で処方して貰う方が早い気がします。うつ病の既往のある方や、甲状腺関係の治療を受けていると問題があることもあるらしいので、ちゃんと診察してもらいましょうね。
 サノレックスでどれだけ痩せられるか、二週間くらいしてからでも効果を報告します。

女性ホルモン・男性ホルモン・プレマリン・プロベラ・エストロフェム・ダイアン35をはじめ個人輸入代行OMSは正確、迅速な配送と業界屈指の低価格で皆様の個人輸入をサポートいたしております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする