ウィルス性イボのCO2レーザーを受けた 料金と保険適応

 ウィルス性のイボができて、CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)で焼灼する治療を受けました。
 このウィルス性のイボが出来るのは二回目で、免疫のない人は何度でもなる可能性があります。前の経験から「もしや」とすぐに気づいたのが良かったです。手の甲に小さいのが二つある状態でした。
 ウィルス性のイボは、
①液体窒素で焼く
②CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)で焼灼
③免疫療法(薬物で身体に抗体を作る)
 の三つの治療法があるようですが、このうち保険適応になるのは①の液体窒素だけです。少なくとも、わたしが受けたところではそうでした。
 前にウィルス性イボが出来た時は液体窒素で焼いたのですが、これが手の甲で、根性焼きのような跡が二三年は残っていました。
 これはあまりに目立つので、今回は自費でもいいからCO2レーザーで削る方を選びました。
 料金は、手の甲の二箇所を削って7000円ほどでした。
 CO2レーザーで削る治療は、丁度B001V7UIOEBAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド スポットタイプ 10枚
ジョンソン・エンド・ジョンソン

追記:
 キズパワーパッドを使っていれば、リンデロンは必ずしも塗らなくて良いようです。最初の数日は一応塗っておいた方が良いかと思いますが・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする