第3世代サーマクールCPTの頻度と効果

 サーマクールについては、第一、第二、第三と、今までのすべてのバージョンを経験しています。
 このうち第一、第二世代のサーマクールは、よく知られているように「猛烈に痛い!」です。もう、美容医療系でも断然ナンバーワンの痛さです。ダウンタイムがないのは良いのですが、独特の痛みで、本当に精神が削られます。
 ところが第3世代サーマクールCPTになると、途端に痛みが激減し、敏感な部分に強くあてればそれなりに痛いものの、今までとはうってかわって大分気楽に打つことができます。
 この第3世代サーマクールCPTを、最近は四ヶ月に一回ペースで打っています。
 はっきりいってコストはかかりますが、他に代わるものがないので、何か新しいものが出てくるまではサーマクールを続けてみようかと思っています。
 肝心の効果ですが、一回や二回打ったところで、劇的な変化があるものではありません。すでにたるみが目に見えてしまっている場合、フェイスリフトでもやった方がコスパ的にも効果的にもずっと良いと思います。わたし自身も一回経験していますが(フェイスリフトカテゴリを参照ください)、痛みも思っていたほどではないですし、ダウンタイムはあるものの、当初予想していたほど大変ではありませんでした。まぁ、普通に働いているとそれでも大変なので、楽ではありませんが・・。
 しかし、予防的な効果という意味ではサーマクールも侮れないのでは、と最近思っています。
 第3世代サーマクールCPTを初めて一年以上経っていますが、その間たるみ等のトラブルが増えた感じは全くなく、むしろ微妙に若返っているようにすら感じます。
 といっても、時が経てば多少なりとも老けていくのは仕方ないことですが、長く続けるとジワジワと差が出てくるのではないかと思います。
 問題はコストですよね。
 もう少し安くなってくれれば助かるのですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする