毛が濃くなる原因 擦れると毛深くなる?

 体毛が濃くなる、毛深くなる原因・理由は何でしょう。
 いろいろな原因・理由があるでしょうし、ネットで検索しているとホルモンバランスがどうとか過度なダイエットがどうとか、いろいろなことが書かれていますが、わたし個人が経験的に「確かに濃くなる」と実感している原因は「擦れること」です。
 まず、わたしの脱毛経験ですが、大分以前にほぼ全身ダイオードレーザーで脱毛し、それから大分経って、気になるところをアレキサンドライトレーザーで脱毛しています。
 ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの違いについては、過去に書いていますので、よろしければ参考にしてみてください。
ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー 脱毛の違い
アレキサンドライト・レーザーとダイオード・レーザー
 一度ワンクール(以上)脱毛して、ほぼ問題なしになったのにまた脱毛したりしているのは、当然ながら生えてきているからです。
 生えるといっても、ちょこちょこと数本復活する程度なら自然なことです。永久脱毛といっても完全ではないですし、新たに生まれてくる体毛もあるでしょう。
 気になるのは、結構脱毛したのにまたそれなりな範囲にわたって生えてくるケースです。
 わたしの場合、前腕が特にしつこいです。
 毛の太さや数は確実に以前より減っていますが、しばらくすると結構復活してくるので、懲りずに脱毛しています。
 その原因として思い当たるのが、「擦れる」ことです。
 ちょっと特殊な事情なので説明しませんが、わたしは前腕が激しく摩擦される事情があって、そのせいで体毛が濃くなっているのでは、と考えています。
 よく「毛を剃ると濃くなるというのは迷信」という話があります。実際、ほとんどの場合は、剃ったことで毛の断面がよく見えるため濃くなったように感じる、というだけのようですが、一方で、剃毛の刺激により実際に濃くなる、という報告も目にします。
 おそらく、十分にケアしないで肌に負担になるような剃り方をした場合、実際に多少毛が濃くなるのではないでしょうか。
 皮膚を守る、という目的からしても、毛が濃くなってガードする、というのは納得がいきます。
 といっても、毛なんかで守ってもらうのは結構なので生えてこないで頂きたいのですが・・。
 これはあくまでわたし個人の経験則なため、すべての人に当てはまるかは分かりませんですし、検証もしていません。
 それにしても、前腕の毛はそろそろギブアップして頂きたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする