顎プロテーゼの固定と食事制限

 顎プロテーゼを入れてから5日経ちました。
 固定期間は3日、と言っている病院が多いですが、わたしの病院では一週間。食事制限も一週間です。
 顎プロテーゼは強力なテープで固定するので、マスクで隠している状態です。まだ腫れもひいていないので、どの道見えないようにしたいところです。
 テープかぶれが心配で、紙テープにしてもらおうとしたのですが、やっぱりうまく固定できず、三日間は強力テープで固定しました。三日後に病院に行って一度はがしたところ、問題なかったのですが、念のため紙テープを貼った上から強力テープで固定しました。今ひとつ固定の力が弱いので、今度はテープかぶれより固定が心配になってきました。
 テープはプロテーゼの上と下に貼るのですが、大事なのは上のテープ。下は腫れを抑える程度らしいです。
 上のテープは、プロテーゼが上にズレてきてしまわないように抑えています。口の中を切って上から入れるので、傷口の方に戻ってくるのを防ぐため、とのこと。


 食事制限ですが、一週間は粒状のものは食べられません。ゼリーとかヨーグルトならOKです。でも、それほど神経質になる必要はないと思います。人によっては初日から普通の食事をしていることもあるようです。一応、パンやご飯など口の中に残りそうなものは避けています。歯磨きも禁止なので、いずれにせよ歯に付着しそうな食べ物は避けたいです。
 歯磨きの代わりというわけではないですが、マメに口の中を消毒します。普通のイソジンでゆすぎます。
 腫れは五日目の現時点でも結構引いてきました。一週間から十日で大体引き、完全に落ち着くのは一ヶ月くらいだそうです。
 痛みですが、前にも書いたように思ったよりは痛かったです。三四日は気になります。食事制限がなくても、噛む食べ物は食べにくいと思います。テープの固定もあるので、ちょっと喋りにくいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする