2回目の鼻尖縮小を受ける

 鼻尖縮小の手術を受けました。
 鼻尖縮小は前にも受けたことがあるのですが、鷲鼻形成を受けてヘンプ部分がスッキリすると、相対的に鼻尖部分が目立つようになり、もう一度鼻尖縮小をすることになりました。
 理由はもう一つあって、前に鼻尖縮小を受けた時、鼻中隔部分が少し斜めになってしまっていたのです。前から見ても分からない程度ですが、下から見上げると曲がっているのが分かります。そんな角度で見ることは滅多にないので、それほど着にしていなかったのですが、どうせなので治してもらうことにしました。前に受けた時に縫合が斜めになってしまったのだろう、とのことです(別のドクターです)。
 鼻尖縮小は、ヘンプ形成(鷲鼻形成)と違って軟骨を触るだけですので、負担はずっと軽いです。
 とはいえ、それなりに腫れますし、一週間は固定していないといけません。
 抜糸したくらいから、鼻をクリップ状の器具で軽く圧迫するとなお良いです。その辺りは以前に「ニーズ モテ鼻メイク ノーズアップ」と「CoCo鼻エステ」を比較でも書いています。わたしは二つとも持っているので、落ち着いたくらいから一応使ってみようと思っています。
 手術当日の写真です。お見苦しいので、覚悟のある方だけどうぞ。


鼻尖縮小 手術当日
 鼻に綿球がつまっていて息苦しいですが、痛みなどはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする