シミ取りレーザー(アレックス)の写真

 先週ホクロを取ったばかりなのですが、その時「これはアレックス(シミ取りレーザー)の方が良い」と言われたところに、レーザーを当ててきました。
 アレックスも過去に試したことがあるのですが、ボディのシミに使ったのは初めてです。
 今回は顔を二箇所と腕を三箇所。ちょっとだけです。
 顔のものはかなり薄いのですが、もしかしてできかけのホクロ?というような微妙なものだったので、わたしも先生も迷った末、とりあえずアレックスで様子を見ることにしたものです。
 アレックスを打った後はこんな感じ。




 小さなカサブタになります。
 一週間ほど、毎日二回軟膏を塗ってテープを貼っておきます。水に濡らさないようにしなければなりませんが、軟膏が水を弾いてくれるので、それほど神経質になる必要はありません。
 テープをはがすときにカサブタごとはがしてしまわないよう、軟膏は厚めに塗ります。カサブタが長持ちしてくれた方が、キレイに治るそうです。
 ボディの方はこんな感じ。


 こっちの方がわかりやすい写真だと思います。
 首から下の方が肥厚性瘢痕や色素沈着を起こし易いので、ホクロもシミ取りレーザーも慎重にしなければなりません。
 ボディはキリがないのであまりシミやホクロを取るつもりはないのですが、前腕にやたら多いのが気になったので、試しに三つだけやってみました。この治り方を見て、今後を決めようかな、と思っています。
 アレックスはCO2レーザー(ホクロ取りのレーザー)に比べるとダメージも少なく、治りも早いです。ホクロなどの深いものは取れませんし、シミについても万能ではないと思うのですが、比較的ソフトでお手軽な治療だと思います。
 わたしの経験では、ホクロと迷うようなハッキリしたものより、ぼんやりしたシミの方が良く効きます。以前、鼻の頭に薄く定着してしまった色素沈着を取った時は、劇的な効果で感激しました。一週間鼻にテープを貼っていたので、かなりみっともなかったですが(笑)。
 ただ、肝斑にレーザーを打つと悪化させてしまうそうなので、信頼できる先生に相談しましょう。
 前にも書きましたが、とにかくカウンセリングがしっかりしている病院を選び、信頼関係を築くことが大切だと思います。
 カウンセリングは無料の病院が多いですから、とりあえず気になる病院を訊ねてみて、話だけしてくるのが一番確実です。その時、疑問点などは遠慮せずにバンバンぶつけて、対応を見ましょう。納得いかなければ、治療を受けるべきではありません。迷わず他の病院を探したら良いと思います。

白肌化粧水材料セット【送料無料】

シミは予防が一番、レーザーで取った後もメンテが大事です。手作り化粧水なら高品質・低価格が簡単。ハイドロキノン粉末も直接購入できます。
関連記事:
イソフラボン手作り化粧水 トゥヴェールのビタミンC誘導体とヒアルロン酸HR-01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする