鷲鼻形成・鼻骨骨切り術後一ヶ月 必要なダウンタイム

 鷲鼻形成・鼻骨骨切り術から一ヶ月経ちました。
 今回は変わり映えがしないので写真がないのですが、かなり良くなっているとはいえ、未だに薄い黄色・緑色の内出血跡があります。一ヶ月経ってまだ内出血が残っているのは意外でした。
 メイクで十分隠せる程度なので、生活上は特に問題ないのですが、一ヶ月残るのは長いです。
 見た目には分かりませんが、鼻梁脇あたりに腫れも残っています。鼻梁の脇から頬にかけての骨の周りが少し腫れているのが分かります。この辺りは押したりすると少し痛いです。といっても、これも日常生活的には問題ありません。ただ、骨折と一緒ですから、完全に治るには術後三ヶ月くらいは見ておいた方が良いと思います。
 骨切りのために鼻の脇を少し切った跡は、右はまったく分からず、左は赤く傷跡があります。傷跡は今くらいが一番目立つ時期なので、これから目立たたなくなっていく筈ですが、とりあえず様子を見てみます。これもメイクで誤魔化せるレベルです。
 鷲鼻形成・鼻骨骨切りをやってみて、全体としては、思ったほど大変な手術ではありませんでした。痛みは手術直後以外はほとんどなかったです。
 ただ、ギプスをしている期間が長いのと、内出血が派手です。
 ギプスはマスクをしても隠せないですから、最低一週間、わたしが受けた病院では二週間は、かなり目立つ状態だと思って良いです。仮にマスクがなくても、ほとんどの場合、この時期は内出血だけでもかなり目立つでしょう。
 わたしの場合、目の下の赤黒い内出血が二週間続きました。ダウンタイムは二週間くらい見ておいた方が良いです。といっても、体そのものは元気なので、見た目以外は何も問題ないのですが。
 痛みや日常生活での支障は想像よりずっと小さかったですが、腫れや内出血は予想より長引きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする