鷲鼻形成・鼻骨骨切り5日目 手術に適した時期

 鷲鼻形成・鼻骨骨切り術の術後5日目の写真です。
 グロ注意なので、見たい人だけ見て下さい。


鷲鼻形成5
 顔が真っ黄色になってきました。内出血が治りかけています。目の縁部分は相変わらず赤黒いですが、多少マシになってきました。
 鼻の奥にびっくりするくらい長いガーゼが入っていることを書きましたが、右だけかと思ったら左からもちょっと出てきました。「出てきたら取っちゃってもいいよ」という程度のものなのですが、長過ぎるので出てきた分だけ切って中に置いておきます。一週間目の抜糸時に取り除きます。
 鷲鼻形成・鼻骨骨切りに限りませんが、手術は涼しい時期の方が良いです。特に鷲鼻形成ではギプスをするので、暑い時期に手術すると蒸れますし、テープ固定しているのでかぶれたりニキビができる人もいるそうです。
 わたし自身、本当はもっと早い時期にやりたかったのですが、夏にやると大変なことになりそうなので、今の時期まで待っていました。幸い大分涼しくなってくれて、助かっています。
 予想と違い、痛みはほとんどなく、腫れも大したことがなかったのですが、やはり鼻がギプスで覆われている状態というのはビジュアル的にインパクトがあり過ぎますし、マスクでも隠しきれません。自分からは見えないので、部屋にいる時は気にならないのですが、引きこもらないといけないのでそこだけ用意が必要です。
 まぁ、普通に鼻を折っても(普通折らないですが)同じような処置になるので、仕事以外で外を歩く分には堂々としていればいいのですけれどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする