ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー 脱毛の違い

 以前にも同じアレキサンドライト・レーザーとダイオード・レーザーというテーマで書いたのですが、最近になって看護婦さんから聞いたこと、自分で感じたことなどを書いておきます。
 わたしは基本的なところはひと通り脱毛しているのですが、気になるところや、時間が経ってまた少し生えてきたところなどは、時々思い出したように脱毛しています。
 最近は眉毛の下、Vライン、口周りなどをちょこちょこやる程度です。
 最初に全体的に脱毛した時はダイオードレーザー、その後はアレキサンドライトレーザーを使っています。
 前のエントリで、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーは最終的にはそれほど性能差がないけれど、抜けるタイミングが違う(ダイオードレーザーはその場ですぐ抜け、アレキサンドライトレーザーは二週間くらいかけて自然に抜け落ちる)、と書きました。また、医師の言葉として「アレキサンドライトレーザーの方が抜けが早い」というのもありました。
 実際、最初の頃はアレキサンドライトレーザーの方が抜けが早い気がします。太めの毛はどんなレーザーでも処理しやすいですが、特にアレキサンドライトレーザーが優れている印象です。
 一方、毛がほとんどなくなり、産毛のような毛を脱毛しようとすると、ダイオードレーザーの方が強いです。ただし、こうした細い毛はどんなレーザーでもなかなか合理的に脱毛できません。徹底的にこだわるなら針脱毛しかないでしょう(わたしはやったことありませんが)。
 つまり、順序としては、わたしが実際にやったのとは逆の方が合理的だったのですが、単にお世話になっている病院の使用機器に合わせているだけなので、仕方がないです。選べる方は、病院の選択基準の一つに入れてみても良いと思います。
 ちなみに、脱毛は発毛周期に合わせて定期的に打っていくのが基本ですが、部位によって周期が異なります。標準で一ヶ月半くらいですが、顔は一ヶ月くらい、脚は二ヶ月くらいのようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする