防風通聖散の価格比較 ナイシトールより本草エキス顆粒が安い

 「内臓脂肪を燃やす」と宣伝されている防風通聖散という漢方があります。ナイシトールなどの成分です。
 ナイシトールで痩せるのか?というのは気になるところで、常識的に考えて、薬を飲んで劇的に痩せる、ということはないでしょう。ただ、多少なりとも痩せる手助けぐらいはしてくれないか、とちょっと気になっていました。
 このこのページには、こんな実験結果が書かれています。

方法:肥満女性患者50名を防風通聖散群25名と偽薬群25名に分け、6ヶ月にわたって体重および基礎代謝量を測定した。全員1日あたり(それまでの食事量から)500kcal相当を減食させる食事療法と1日5000歩の運動療法を指示した。
結果:治療6ヶ月後には防風通聖散群の方が対照群よりも有意に約4kg多く体重減少が認められ、基礎代謝量も有意に増加した。副作用はとくに認められなかった。

方法:耐糖能障害がある肥満(BMI25以上)のヒトを対象に防風通聖散群20例、コントロール群(カマグ投与)20例で6ヶ月間投与。
結果:内臓脂肪は防風通聖散群の方が197.6→104.4cm2に減少(正常値は100cm2以下)し、コントロール群に比べ有意に減少(<0.01)していた。皮下脂肪も減少していたが、内臓脂肪のほうが減少の割合が大きく、内臓脂肪÷皮下脂肪の減少割合は0.46→0.34に低下していた。それにあわせてインスリン抵抗性指標も3.8→2.1に有意に改善していた。(これは直接血糖コントロール作用があるという意味ではなく、内臓脂肪の減少から耐糖能障害が解消されたと考えられる。)

 このデータがどれだけ信用できるのか分かりませんが、半年で4キロ差が出るなら、上出来です。まぁ、ネットで調べると否定的な意見も多くあるので、気休めくらいに思っていますが。
 効果も定かならないものに高いお金を出す気になれないので、なるべく安く有効成分の多いものを買おうと思って調べると、三牧ファミリー薬局の防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)医薬品・医療用漢方薬比較表というページを見つけました。ナイシトールはもちろん、ボーツーンS、ロート和漢箋、ベラミスF、新コッコアポA、ココスリム、太虎堂エキス顆粒などなど、防風通聖散の医薬品成分が表にしてあります。このうち、単位成分あたりの価格が一番安いのは本草エキス顆粒だと分かりました(販売店ごとに異なると思います)。
 本草エキス顆粒は処方箋がないと買えないようですし、医薬品のネット通販が大分制限されてしまったので、通販では買えないかな、と思ったのですが、個人輸入なら買えるようです。シンガポールを経由して販売しているようです。三牧ファミリー薬局さんの表がわかりやすかったし、価格も手頃なので買ってみました。
防風通聖散
 すごく大雑把な感じでドサッと届きます(笑)。でも、包装などに余計な手間やコストをかけられるより、個人的にはこういう実用本位なものが好きです。
 で、実際に飲み始めて一ヶ月くらい経っています。
 一ヶ月で痩せたか?と言われると、数字上は微妙に減っていますが、その前にちょっと太ったこともあって、防風通聖散の効果とも思えません。誤差の範囲でしょう(運動は定期的にやっていますが、これは以前から)。
 ただ、お通じはちょっと良くなった気がします。直接「内臓脂肪を燃やす」効果があるのかは分かりませんが、便秘改善には多少の効果があるように感じます。もちろん、本当に重度の便秘だったら、普通に便秘薬を飲んだ方が良いと思いますが、そこまで行っていなくてマイルドに効くものを探しているなら、防風通聖散も悪くないかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする