フェイスリフト 抜糸、耳の痺れ

 フェイスリフト術後十日。術後一週間で抜糸した時に残したいくつかの糸も抜糸し、ひと通り完了しました。
 十日も経てば、目立つような腫れ、内出血跡などはありません。耳の周りはよく見れば腫れていますが、自分でもドクターに指摘されるまで気づかないようなレベルです。
 ただし、傷跡には一ヶ月目までテープを貼っていないといけません。傷跡を綺麗に治すためです。といっても、軽い紙テープなので、負担にもならないし、髪型にもよりますが、耳を完全に出していない限りまず人が気づくようなものではありません。というか、色も肌色なので、耳を出していても結構気付かれないと思います。
 痺れや違和感はあります。耳の周りが突っ張ったような感じですし、耳たぶの感覚もまだやや鈍いです。
 また、耳の下あたりを触ると痛みがあります。何もしなければ全く痛くありませんが、触れば痛いです。
 至って順調なので、あとは時が経つのを待つだけです。
 仕上がりについては、現時点では満足しています。ただ、腫れがある方が肌がプリッとして見えるので、ちょっと腫れのある状態が一番良かった、という人が多いそうです。これは目のオペとかでもそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする