フェイスリフトの職場復帰とダウンタイム

 フェイスリフト術後一週間。
 昨日の晩洗髪解禁になり、やっと頭を洗った上で、今日抜糸してきました。
 抜糸といってもまだ全部は抜かず、一部の治りにくい箇所だけはとめている状態ですが、ほぼひと通り終わった感じです。
 もちろんまだ違和感や突っ張った感じはありますし、耳の後ろなどを押したりすれば痛いですが、何もしなければ痛みもなく、特に不自由ありません。腫れも残っていますが、他人から見て明らかに変に見えるレベルではありません。
 フェイスリフトのダウンタイムはおおよそ一週間程度と見て、職場復帰も一週間程度でまず問題ないかと思います。最短で5日と聞いたこともあります。
 もちろん、人によっては腫れがなかなか引かない、ということもありますが、ステロイド点滴などを使えば、とりあえず違和感ないレベルまでは抑えられるかと思います。
 フェイスリフトは大きな手術ですが、その割にはダウンタイムは短いです。スレッドリフトなどは、手術そのものの身体的負担という意味ではフェイスリフトよりずっと小さいですが、スレッドの影がなかなか薄くならなかったりして、実質的な「ダウンタイム」が結構あります。また効果の大きさを考えても、身体的負担や痛み、費用を何とかできれば、コストパフォーマンスの良い手術ではないかと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする