ステロイド点滴

 フェイスリフト術後三日目。
 痛みは大分マシになりました。腫れは依然として凄い状態で、顔まんまるです。
 三日目の診察を受けて、固定バンドが夜だけになりました。この方が腫れが引くのが早いからです。
 腫れを早く引かせるために、ステロイドの点滴を受けてきました。早くに職場復帰しなければならない人は、ステロイド点滴だけで何度も受けたりするそうです。腫れは放っておけば必ず引くので、無理しないでも良いかと思ったのですが、一応一回くらい受けてみることにしました。
 バンドを外したこともあり、多少腫れもマシになったようです。
 何より、バンドが外れた爽快感が素晴らしいです。
 バンドを外してみると、改めて今どこに違和感があるのかハッキリ分かるようになります。
 痛みは大分マシになり、現時点で鎮痛剤なしで大丈夫なくらいですが、耳の周りの切った部分に痺れと突っ張る感じがあります。顎を引くようにすると、口角が耳側に引っ張られている感じです。これは腫れが残っているせいでしょう。
 痺れは一ヶ月くらい残るそうです。耳たぶの触感が鈍くなって、まるでしもやけにでもなっているかのような感じですが、これはフェイスリフトで細い神経を切ったためで、その経路回復に一ヶ月程度かかるとのこと。
 フェイスリフトで起こりうるリスクとして、おでこの方に行く神経を切ってしまい、顔面神経麻痺になる、ということが言われますが、これは経路回復のできない太い神経を切ってしまうことで、耳周りの痺れとは別です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする