ウェスト脂肪吸引 脂肪吸引で痩せられるか 一週間目 抜糸

 脂肪吸引から一週間経ちました。
 今更根本的なことを言いますが、脂肪吸引で「痩せる」ことができるのか、というと、ちょっと微妙です。吸引できる量はたかが知れていて、限界まで吸引してもせいぜい1000ccか2000ccです。これもかなり多い方です。
 脂肪吸引の限界量は体重の3%程度と言われていて、これ以上取ると命に関わる可能性があるそうです。体重50kgならたった1.5kgです。
 わたしの場合、元々それ程太っていたわけでもないので、300cc程度しか取りませんでした。脂肪吸引で取れる部位というのも決まっているし、そもそも取れるのは皮下脂肪だけで、内臓脂肪はとりようがありませんから、こんなものだと思います。
 ですから、体全体で「痩せる」目的であれば、脂肪吸引は合理的な方法とは言えません。
 では何が良いかと言えば、「部分痩せ」ができることです。
 特に腰の上の背中の肉などは、ダイエットをしてもなかなか取れないので、こういう部位をピンポイントで取る、くびれを作る、二の腕を細く見せる、といった目的の為には有用です。
 ただそれも、元の状態によっては、劇的な変化があるものでもありません。
 高い手術代と痛みやリスクを伴うことを考えると、割りに合うかどうかはケースバイケースでしょう。慎重に考えた方が良いと思います。
 さて、今日は脂肪吸引手術から一週間目で、抜糸してきました。
 脂肪を取った背中側は、触れると痛いし、身体を伸ばしたり縮めたりする方向によっては痛みがあります。運動は術後二週間ほどは控えるべきで、圧迫も続けないといけません。まだ万全とは言えないのですが、痛みは幸い大したことなく、内出血もかなり治ってきました。
 現在の内出血の画像です。


 内出血が黄色くなっているのは治りかけの証拠です。
脂肪吸引 一週間 内出血
 反対側。こちらもかなり跡がなくなっています。筋のような跡は圧迫のためなので関係ありません。
脂肪吸引 一週間 内出血2
 ちなみに、これはかなり治りの早いラッキーなパターンとのことなので、一週間目で誰もがここまで内出血が解消する訳ではありません。痛みも弱い方だったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする