切開法二重まぶた 術後一週間 抜糸後の傷跡と腫れ、内出血

 二回目の切開法二重まぶた手術から一週間、やっとで抜糸です。最初の三日間によく冷やしたお陰か、腫れは割と早く引いたのですが、内出血の跡は残っていますし、傷跡は当然まだ赤くかなりはっきりしています。
 抜糸後の写真です。


 右目。相変わらず黄色い内出血の跡が目立ちます。
 ただ、写真だとかなり目立つものの、メイクをしてしまえばほとんどの人は気づかない程度だと思います。大体、他人は自分が思っているほど顔なんて見ていないものですし。
切開法 一週間後 抜糸後 右
 左目。こちらは目尻に内出血の跡があるくらいです。もちろん腫れは残っていますが、見るからに異様、というほどではないでしょう。
切開法 一週間後 抜糸後 左
 目を閉じたところの画像です。目を閉じて写真に撮ると、傷跡がまだかなり目立つのが分かります。
 特に今回は、目尻のたるみが気になって切ったため、目の外側まで傷跡が伸びています。
 右目です。
切開法 一週間後 抜糸後 右 傷跡
 左目です。
切開法 一週間後 抜糸後 左 傷跡
 後は放っておいて腫れが引き内出血が治ってくれるのを待つだけです。
 もう冷やしても無意味で、むしろ逆効果なので、血行をよくするようにしておきます。
参考:
「切開法5日目 いつまで冷やすべき? 運動やシャワーは?」
「内出血を早く治す方法」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする