ケフラール、トランサミン、アドナ、ロキソニン

 顎の脂肪吸引から四日目(手術当日を入れて五日目)ですが、手術後におなじみのお薬を紹介してみます。
ケフラール、トランサミン、アドナ、ロキソニン
 青いカプセルはケフラール、抗生物質です。
 オレンジっぽいカプセルはトランサミン。出血を止め炎症を抑えるために出されていますが、メラニンを抑制する働きもあり、肝斑の治療にも使われます。
 橙色の錠剤はアドナ。出血を止める薬です。
 オフピンクのような錠剤はロキソニン。炎症を抑え熱を下げ、痛みを和らげるお薬。定番の鎮痛剤なのでご存知の方も多いでしょう。
 お薬は一週間分出されますし、最初の三日くらいはマメに飲むべきでしょうけれど、その後は腫れや痛みが酷くなければ、そんなに生真面目に飲まなくても問題ないと思います。鎮痛剤なんて、飲まない方が治りが早い、という話もありますし。ただお医者さんは「飲め」と言うでしょうから、自己責任でやってくださいね。
 他に消毒薬と、外用の抗生物質ゲンタシン軟膏を出されました。ゲンタシンもおなじみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする