イソフラボン手作り化粧水の抑毛効果とレーザー脱毛

 また化粧品原料通販のセンケンさんで手作り化粧水の材料を購入しました。
ハイドロキノンとイソフラボン
 買ったのはいつもと同じイソフラボン液ハイドロキノンクエン酸。これにトゥヴェールのビタミンC誘導体を混ぜて手作り化粧水を作っています。
 イソフラボン液は抑毛効果だけでなく美白効果もあります。
 美白効果については、ハイドロキノンという強力な材料を混ぜているので、イソフラボンがどこまで効いているのかよくわかりませんが、抑毛効果は間違いなくあります。
 ただし、全く生えてこなくなる、ということはありません。毛が細くなり、数が少なくなる(発毛周期が遅くなっている?)、という実感があります。
 太い毛についてはレーザー脱毛の方が絶対良いですが、レーザー脱毛が効果があるのは「太い毛がまばらに生えている、できれば肌が白い」という条件で、うぶ毛のような細い毛が沢山生えている状態は苦手です。逆に、イソフラボンでは太い毛を脱毛するのは無理ですから、レーザー脱毛とイソフラボンで使い分けたら良いかと思います。わたしは腕や足の気になるところは一応レーザー脱毛して、細かい毛が生えてくるのをイソフラボンでカバーしています。細かい毛をアレキサンドライトレーザーで処理することもできますが、パワー的に限界があり(強くしすぎると火傷のリスクもあるし、そもそも痛い)、ある程度以上のところはイソフラボンでケアするだけにしています。
 作り方については、センケンさんのサイトに色々説明がありますが、化粧品材料と一緒にこんなプリントを同封してくれます。
イソフラボン手作り化粧水の作り方
ハイドロキノン手作り化粧水の作り方
 慣れない方は、白肌化粧水材料セットパイナップルイソフラボンローションセットなどのセットでまとめて買っても良いかもしれません。慣れてきたら、自分の肌質に合わせて必要なものだけ買うと良いでしょう。
 この化粧水は、顔にもボディにも使っています。単に作り分けるのが面倒だからですが(笑)、ボディ用としては贅沢です。でも手作りですと、市販の化粧水よりは効果のあるものをずっと安くできますし、防腐剤を使わないとどのみち日持ちしないので(冷蔵庫で保管します)、安く沢山つくって贅沢に使う、というのが賢いかな、と思っています。
イソフラボン手作り化粧水でパックとイオン導入
イソフラボン手作り化粧水
大人ニキビに効く手作り化粧水の作り方(ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・セラミド)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする