豊胸バッグの底面積

 豊胸手術で使うバッグの種類については一度書きましたが、あまり話題にならない問題として、底面の広さがあるように思います。


 「バッグの大きさ」というと、まず「何cc」ということになり、わたしも最初それしか頭になかったのですが、同じ容積でも底面積が異なれば高さが違ってきます。当たり前ですね。
 では、高さを作るのに底面積が小さいバッグにすれば良いかというと、骨格によってはポコンと突き出るみたいになって、不自然になってしまいます。
 胸郭が大きめの人は、体格に合わせて底面の広いもの(LowとかBasとか言うらしい)を入れた方がベターです。
 わたしは230ccのLowを入れました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする