鼻尖縮小の腫れ 同時手術は問題? 鼻プロテーゼは危険?

 鼻尖縮小手術から二日目の画像です。例によってお見苦しいですが、ご参考までに。

 手術翌日・翌々日は一番腫れるもので、やっぱり腫れています。鼻尖部分はテープで固定されているのでそうでもないですが、鼻の付け根の脇あたりが膨らんでいます。
 顔全体も少しむくんでいますが、何せ切開法から一週間後にオペしていますから、両方の腫れがあるのかもしれません。切開法の腫れ自体は、一週間目までは普通より引くのが早かったのですが、両方やったせいで治りが多少遅くなるのかもしれません。
 写真ではまだ鼻の穴にガーゼを入れていますが、もう出血もないので取りました。素晴らしい開放感です。鼻呼吸って最高です(笑)。
 思い出したのですが、鼻尖縮小の時に看護婦さんから「鼻プロテーゼは結構危険で、ウチではあんまりオススメしていない」という話を聞きました。
 皮膚が薄いので、鼻プロテーゼが浮いてきてしまい、本当に皮膚が破れてしまうこともあるそうです。
 わたし個人は、鼻の高さには全く不満はない、というかむしろ低くしたいので、鼻プロテーゼには興味もないのですが(鼻尖縮小は鼻の頭を細くするため)、鼻梁部分を高くしたい、という方は、慎重に鼻プロテーゼを検討された方が良いと思います。ヒアルロン酸注入くらいで我慢しておいた方が良いかもしれません(コスパは悪いですが)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする