トレチノイン治療の継続効果 シミだけでなくシワにも効くか

 以前にも一度書きましたが、トレチノイン・ハイドロキノン配合のクリームを処方して貰っています。
 美容皮膚科系なら、ケミピーの後などに薦められることもあると思います。
 トレチノイン治療はシミ治療として有名で、実際、アレックス(シミ取りレーザー)を使うほど濃くないようなシミには効果があります。レーザーはレーザー自体によるダメージがあるため、そこが色素沈着を起こしてしまったりすれば元も子もないからです。ですから、あんまり薄いシミやレーザーの効果の期待できないものには、無闇にレーザーを打たない方が良いと思います。もちろん、肝斑には逆効果です。シミとホクロも違います。
 まとめて言うと、


・ホクロ > CO2レーザー
・濃い目のシミ・ソバカス > アレックス
・薄いシミ、色素沈着予防 >トレチノイン治療
・肝斑 > トランサミンなど
 となりますが、識別が難しいこともあるので、やっぱり一度診察を受けた方が良いと思います。
 このトレチノインとハイドロキノンのクリーム、最初に出してもらったのは確か「レーザー打つほどでもない」シミが気になった時だと思うのですが、それ以後も時々処方してもらって、シミ予防的に使っています。
 トレチノイン治療でも、紫外線対策に気をつけないと逆効果になることがありますが、レーザーに比べれば効果も副作用も小さいです。程度をわきまえれば、予防的に使うのも良いと思います。
 このトレチノイン、シワにも効く、という話を聞いたので、お医者さんに「シワ予防にもなりますか?」と質問してみたら「シミ予防にはなるだろうけれど、シワはどうかなぁ」というお返事でした。
 代謝を活性化するわけですから、シワ予防にも多少の効果があるかもしれませんが、あまり期待して使うものでもなさそうです。
 個人的には、スキンケアは手作り化粧水トゥヴェールが中心で、そんなに高いものは使っていません。あんまり安物もどうかと思いますが、基礎化粧品にお金をかけすぎるよりは、基本を抑えて医療系と併用する方がコスパが良いかなぁ、と思っています。

新型トレチノイン酸ゲルセレブ・ノインゲル30ml

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする