アズノール軟膏が唇の荒れに効く

 顎プロテーゼの口腔内の傷痕を瘢痕形成してもらった時、手術後(といっても十五分くらいですが)看護婦さんが唇に軟膏を塗ってくれました。荒れていたから、ということですが、これがすごくイイ感じだったので、ちょっと処方してもらいました。
 アズノール軟膏というもので、皮膚の炎症に幅広く使われているものらしいです。知人は「おじいちゃんの介護で使っていた」と言っていました。
 わたしは唇の荒れがひどく、冬には薬用リップが手放せません。それでも荒れる時は荒れるので、半分諦めて放置気味だったのですが、唇の状態がよくないと縦シワがよったようになり、老けて見えます。アズノール軟膏を塗っておくと、普通のリップとは比べ物にならないくらい唇の状態が守られている感じで、光沢もあるのでグロス代わりにもなります。
 たぶん一般の皮膚科などでも処方してもらえると思うので、唇の荒れで悩んでいる方は、一度お試しになってみてもよいと思います。
 わたしが使っているのは、アズノール軟膏の0.033%という青緑色のものです。
アズノール軟膏が唇の荒れに効く
 青い色ですが、塗っても別に青くはなりません(笑)。塗るとこんな感じです。


アズノール軟膏が唇の荒れに効く
 グロスっぽくて使えると思うのですけれどね。
 通販でも買えるものとしては、アトピタプラス メディクリームというのが似た成分らしいですが(見た目も似ている)、実際に試したわけではないのでわかりません。
 アトピタプラス メディクリーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする