アトピーにも効く? アマランサスの食物繊維でダイエット

 アマランサスという雑穀があります。
 「雑穀ご飯」とか「十六穀ご飯」などを買うと混ざっているアレです。
 あまり意識したことがなかったのですが、雑穀コーナーを眺めていたらアマランサスそのものが売っていました。白米と比較してさまざまな微量栄養素や食物繊維がどれくらいか、というのが表示されていたのですが、アマランサスはアワやヒエ、大麦などと比べても、ダントツで繊維がや微量栄養素が豊富で、思わず買ってしまいました。
 調べてみると、アマランサスは食物繊維が多いだけでなく、タンパク質も白米の約2倍、カルシウムは25倍、鉄分は50倍。脂質も5.6倍と多いのですが、基準になっている白米に含まれる脂質がもともと非常に少ないですし、気にする量ではありません。それに「アマランサスはアトピーにも効く」と聞いたのですが、アトピーに効果があるのが、このアマランサスに含まれるこの脂質らしいです。脂質で大切なのはその中身ですが、アマランサスの脂質はパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸で、過剰な免疫反応を抑えることでアトピーの症状を緩和しているらしいです。
 アマランサスの栄養素を他の穀類と比較すると、こんな感じ。


食品名たん白質脂質灰分糖質繊維カルシウムリンナトリウムカリウム
アマランサス
(玄穀)
16.7g5.5g58.5g2.5g3.2g168mg610mg24.8mg3mg624mg
小麦粉
(薄力)
8.0g1.7g75.7g0.2g0.4g23mg70mg0.6mg2mg120mg
精白米6.8g1.3g75.5g0.3g0.6g6mg140mg0.5mg2mg110mg
そば12.1g3.1g68.5g1.0g1.8g17mg400mg2.8mg2mg410mg

 いかにも身体に良さそうで、ダイエットに最適のアマランサスですが、食べ方はどうなのでしょう。
 普通はご飯に混ぜて炊くのですが、試しにキーマカレーを作る時にそのままお鍋に入れてみました(面倒くさがり)。
 ちゃんと食べられます。煮込んだ割にはプチプチ感も残っていて、独特の食感が楽しめます。
白米と一緒に炊けるアマランサス 150g【国産】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする