バッグの種類

 豊胸手術で使うバッグには、いくつか種類があります。


 代表的なのは、生食バッグ(生理食塩水)、CMCバッグ、シリコンなどです。
 生食バッグはその名の通り生理食塩水が入っており、万が一破れても人体に無害です。触感がやや固い、という問題があります。
 CMCバッグはカルボキシメチルセルロースという人体に無害な成分が中身で、生食バッグの触感の問題を改善したもの、と言われています。ただ、粘度がやや弱く、乳腺の発達していない人が用いると胸の上の部分にペコンと凹みができてしまう可能性があります。
 シリコンは「漏れ出た時に危険」「発がん性がある」等々、一時期敬遠されていた素材ですが、現在では乳癌などとの因果関係も否定され、再び広く使われるようになっています。現在ポピュラーなのは、コヒーシブ・シリコンバックといって、極めて粘度の高いシリコンが充填され、皮膜も強化されているものです。バイオセルとも言います。
 コヒーシブ・シリコンバックは、万が一破れたとしても、簡単に中身が出ることはありません。実際、テスト用に大きく破ったシリコン・バッグを触らせていただきましたが、力一杯握り締めても中が出てくる性質のものではありません。
 引きちぎるくらいに切れ目を入れてこの状態ですから、万が一小さな穴が開いたとしても、即人体に害を及ぼす、とは考えにくいでしょう。
 わたしが選んだのも、コヒーシブ・シリコンバックです。
 ちなみに、バッグの形状自体にも円形(円錐?)のものと、胸の形にそって整形してあるもの(下の方に自然なふくらみがある)ものがありますが、一般的なのは前者の丸いタイプです。
 上下のあるタイプのものは、脇の下から入れる手術では正確に挿入するのが難しいからです。
 欧米では乳房の下や乳輪の際を切開して入れる方法も行われていますが、日本ではほとんどが脇の下のため、採用されることが少ないようです。
 円錐の底面積が大きいタイプと小さいタイプがあり、同じ容量でも、当然高さが違ってきます。骨格の大きめの人は、底面積の大きいものを入れた方が自然です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする